和氣ブログ

TOP > 和氣ブログ > 未分類 > 不思議体験と横浜みやげ

不思議体験と横浜みやげ

2018-11-30

IMG_1083

 先日神奈川県の相模原へ出張があり、新幹線の新横浜駅を利用しました。かつて監査法人に勤務していた頃は、新横浜駅近くのクライアントを2社担当していたのでほぼ毎月来ていた懐かしい駅です。

 駅北側にある横浜国際競技場界隈を運動不足解消の為、よく早朝ウォーキングしたものです。日韓ワールドカップ開催時にはホテルが取れず困りました。ホテルと言えば不思議な体験をしたのも此処でした。

 あれは15年ほど前の繁忙期。最終の新幹線で到着し比較的まだ新しい常宿のビジネスホテルに入りました。段取りの悪い自分のせいなのですが仕事が終わりません。夜中の3時位まで頑張ったのですが睡魔には勝てず。朝起きてやろうと5時にアラームをセットし一旦ベッドに入りました。

 普段はアラームが鳴るまで起きないのですが、その日は鳴ってもないのに目が覚めます。時計を見ると4時。「まだ1時間も寝れるやん」と思いながらうつぶせに寝返りをうった時に事件が起こりました。

 なんと首筋から背中、裏太もも、ふくらはぎへと明らかに小さな足が駆けて行ったように感じたのです。それも1人ではなく明らかに2人。一気に目が覚めてこの興奮を誰かに伝えたくフロントへ電話。すると返ってきた答えが「8××号室は聞いていないんですけど…部屋を変えます」。その後は眠れるわけもなく仕事をしたのは言うまでもありません。

 朝フロントでホテル側からお詫びと今晩からの部屋を変える旨の申し出がありました。職場の上司は「寝ぼけただけ」と取りあってもくれませんでしたが、今となっては我が家の双子達だと思えてしかたありません。

 なぜなら彼女達の出張お土産リクエストは「シュウマイ」。彼女達は一度も横浜に行った事はありませんし、私がお土産に買って帰った事もありません。どこで崎陽軒のシュウマイの存在を知ったのか。謎は深まるばかりですが、大喜びで食べていたのは事実です。

最近の投稿