和氣ブログ

TOP > 和氣ブログ > 未分類 > マジか?

マジか?

2017-03-20

IMG_7361

 先週末、今シーズン初のゴルフコンペに参加してきました。いつもにも増してスコアは散々でしたが、天気も良く「今シーズンも宜しく」的な和やかなラウンドでした。3連休の初日かつ久しぶりの再会という事もあり、私も含め寂しがり屋なオジさん達はコンペ終了後も自然な流れで19番ホールへと向かいます。

 この日は各自が一旦車を家に置きに帰るのに付き合い、段取り良く予約されているいつもの焼肉屋です。近況報告から始まりバカ話で盛り上がり、お腹も満たされて20番ホールのいつものカラオケボックスに向かうべく店を出る時に事件は起こりました。

 ドライバーである私は先に車を正面に回しておこうと座敷を出たのですが、下駄箱に履いてきたスニーカーがありません。4テーブルある座敷専用の大きな下駄箱です。残っている靴は我々グループだけなのですがありません。お店の人にも店内をくまなく探してもらったのですがありません。裸足で帰るわけにもいかず、ご厚意で店のトイレに履いていく健康サンダルを貸して頂きカラオケへと向かいました。

 同デザイン同色を続けて購入している程お気に入りのスニーカーです。テンションガタ落ちで、選曲で目に付く歌は「昭和枯れすすき」的な暗いものばかり。いつもの寛げる座敷のカラオケボックスなのですが、部屋からドリンクバーやトイレに行く度に履かなければならない健康サンダルのイボイボが足裏にささり、心と共に痛みます。

 延長タイムも終わり、帰り際に1人がつぶやきました。「この店サービス上がったな。今まで部屋出る度に靴履くのが面倒くさかったからサンダル置いてくれて助かったわ。イボイボが痛いけどな…」。一人が大爆笑で言いました「それ和氣ちゃんが貸してもらったサンダルやで。とはいえ便利やから使わしてもろたけど」。すると残りの全員も大爆笑で「自分も」「俺も」「大活躍やったわ」…。どうりで履く時いつもナマ温かったわけです。

 その場にいた全員の役に立ち、しかも爆笑に貢献出来たという事実に喜びを感じられる自分は、ドSからチョイMへと少し変わる事ができたのかもしれません。普段から私をネタにイジってくれる嫁と子供達へ感謝しなければなりません。

最近の投稿