和氣ブログ

TOP > 和氣ブログ > 未分類 > ボランティアと神戸マラソン

ボランティアと神戸マラソン

2019-11-30

IMG_3214
 
 今年に入ってから新たに始めた事の一つが「ボランティア」。「人生50年」と言った織田信長の言葉を受けたからではありませんが、老後の自分の居場所を確保するという準備も兼ねて模索している最中に出会ったと言えば良いでしょうか。少しずつではありますが、仲間も増えて楽しく活動しております。

 そんな仲間から神戸マラソンの給水ボランティアの話があったのが夏の終わり頃。スケジュールの調整を行っているほんの何日かのうちに枠は埋まってしまい、キャンセル待ち状態に。神戸マラソンの人気の高さが伺えますが、しばらく待つとなんとか参加できる運びとなりました。

 大会まで1週間を切った頃でしょうか。初めての給水ボランティアグッズ(ブルゾン、帽子、手袋等)を入手して事務所に戻り、大田さんに自慢げに見せていた時に南野さんも戻って来ました。そこでポツリと一言「実は当選してしまって今度の日曜日神戸マラソン走るんです。しかも初マラソン。練習もしていません…」

 事務所一同呆然。言葉にこそ出しませんが、大丈夫かいなと顔に書いてあるのがわかります。「無理はするな。自分が給水ボランティアをしている7.3㎞までなら歩いてでも来れるだろうからそこで感動の写真を撮ろう」とだけ伝えました。

 しかし当日、初ボランティアの私は2万人のランナーに翻弄されて、誰の顔をも見れない程の忙しさにてんやわんや。旧友Kが走るという事で応援するわと言っていたにもかかわらず、逆に彼から声を掛けられ応援されるという始末。写真なんて撮ってる暇は全くありません。後で聞いたのですが、南野さんはそんな私の姿に気使って声もかけずにスルーしたとの事。お恥ずかしい限りです。

 昼食後ボランティア仲間と別れてランナーアプリで見てみると、会えなかった南野さんが30㎞地点をまだ走っているではありませんか。交通規制でなかなか道路を横断出来ず、走りに走って追いかけて撮ったのが上の写真です。その後南野さんは無事に初マラソン初完走。充実した1日でしたが、2日後筋肉痛でシャレにならなかったのは言うまでもありません。

最近の投稿