和氣ブログ

TOP > 和氣ブログ > 未分類 > スポーツジム閉鎖の余波、その後…。

スポーツジム閉鎖の余波、その後…。

2018-05-27

images

 「やっと父さんも新しいスポーツジムに入会したんや」。先日帰宅すると双子1号が褒めてくれます。当方何を言われているのかさっぱりわかりません。2月のブログにも書きましたとおり、スポーツジム閉鎖をきっかけにウォーキングに変更したのですが、なかなか実行できていないというのが現状です。その点体重は正直で、人生最大値を更新中。陰で「出荷前」と呼ばれている事も気づいています。

 これは何かのワナやなと思い、取り敢えず「まあな」と同調してみました。するとそれを聞いていた嫁が「その割には行ってないなぁ」と言ってきます。ますますわからなくなり返答に屈していると双子2号が助け舟を出してくれました。「母さんが言ってたけどスポーツジムの会費がクレジットカードで引き落としされてたって」。

 そんなはずはありません。閉鎖に伴い通っていたスポーツジムは存在しません。急いでカード明細をみてみると確かに先月引落があります。通っていたスポーツジムは全国展開の大手でしたから、何かの間違いだろうと思いお客様センターに電話しました。

 その結果、退会届を提出していなかった私は近隣の施設の会員に継続吸収されているとの事。この事に関しては封書で連絡もされており「ジム閉鎖=強制退会」と勝手に思い込んでいた私自身の不手際です。本音では「やっちまった…」「そんな手紙ちゃんと読むかよ…」と愚痴りたかったのですが、父親としての立場上そこは我慢して平静を装いました。しかしその後聞こえてきた子供達の会話からすると意外な副産物が生まれたのかもしれません…。

<双子2号>:「父さんやるな。」
<双子1号>:「なんで?行ってもないジムにお金払って損してるだけやん。」
<2号>:「違う。愚痴らへんやん。むしろ冷静に自分の非を認めてる。」
<1号>:「ホンマや。」
<2号>:「母さんが言っとったけど払ったお金、今年のうちらのお年玉全部よりも多いらしで。」
<1号>:「マジで。うちやったら絶望やわ。男気じゃんけんや。」
<2号>:「それ以上や。負けてもないし商品貰ってないんやで。男前やろ。」

 

最近の投稿